相続税対策と、土地活用によるマンション建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

建設費を同一図面の地場ゼネコン見積金額からCM方式による交渉で、
建設費10~20%削減する
株式会社土地活用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回の記事にも書きましたが、
株式会社土地活用に、お問い合わせの中で多くは、
『ご高齢の、お父様、お母様が、土地を所有していて、
その土地を相続税対策で、活用しなくては、
莫大な相続税を支払わなければならない。』
という状況が多いです。

始めは両親が動いていて、御子息が、
幾つかのハウスメーカー、土地活用会社、ゼネコンから提案された
余りにも酷い利回りの収支に気が付き、
30歳台から60歳台ぐらいの御子息が、インターネットで当社のHPを見つけ、
当社に問い合わせを頂くケースが非常に多いです。

税理士すら話さない相続税対策の基礎の基礎を話します。

相続税が安くなったところで、建設費が高く20年後に破綻していたら意味が無い!
相続税が安くなったところで、建設費が高く20年後に破綻していたら意味が無い!
相続税が安くなったところで、建設費が高く20年後に破綻していたら意味が無い!
です。

相続税だけは安くなったが、20年後に、
破綻する可能性の高い計画のマンションを、
わざわざ莫大な借金までして建てる必要が有りますか?

バッタ並の脳味噌でも、これぐらい解りますよね。
人間の脳味噌を持つ方は、是非、こちらの動画の、
9分57秒から是非ご覧になって頂きたいです。

マンションを建てて、負債が増えれば、
相続税は減ります。

純資産が減るんですから。当たり前ですよね。

そして、税理士の大半は、マンション建てた事により、
相続税減りました!って喧伝する訳です。

幾らでも高く建てて、借金を背負って、相続税が減りました。
パチパチパチって、喜んでいるのが今の世の中のマンション建設による
相続税対策での土地活用、の現状です。

建設費の重要性について具体的に触れていることなど、まず無いです。
最も重要な事にも関わらず、建設業者以外は解らない、建設業者は言いたくないからです。

そして、土地活用系の企業は、地主系の税理士に猛烈に営業掛けています。
土地の有活が有りそうな地主の情報源として!

ある会社は、情報源の税理士に成約したら、
3%の情報(顧客)紹介料を払っていると聞きます。

もちろん、不動産会社の経営者や営業マンにも情報源として営業を掛けています。

仮に5億円のマンションを建てる地主を土地活用会社に紹介したら
1500万円が口利きだけでキックバックが有ります。

人の性として、目の前に1500万円ぶら下げられてたら、
欲しくなりますよね。

当然、多くの税理士は、顧客を、土地活用会社に紹介します。

建設費は、5億1500万円にコストオンされるだけです。
建設費が変わらないなら、まだ利益を減らしているだけですが、
そんな訳が無いです。

こんな流れの中で、土地活用業界の常識を知らない地主と、その子息は、
業者の養分となり、20年後破綻が、又は、返済が何とか、
ぎりぎり可能な低空飛行に苦しみながら
生きていくのです。

何のために、土地活用でマンションをするかバッタの脳味噌では無く、
人間の頭で考えて頂きたい。

極論を言えば、建設が終わって、1年後程度までの点検が終われば、
後は、10年後まで品確法に定められた主要構造部や防水等の瑕疵責任を負うだけで、
施工会社は、関与しません。

30年間メンテしますと言っている会社も、修繕費用が無料な訳が無く、
メンテや修繕工事で、更に高い工事費で受注し続けて、
継続的に利益を生みたい構造を作っているだけです。

要は、建てた直後から余程の瑕疵担保責任の事件が起こらない限り、
建築主と、融資をしている銀行間だけの話になります。

極論を、言えば建設後、建設会社が普通にキチンと建設さえしていれば、
地主が破綻しようが、返済に苦しもうが契約上の責任は全くなく
知ったことでは無いのです。

そういう土地活用系の会社に顧客を紹介する税理士も一緒です。

中には、キックバックなど受け取らない心ある税理士もいるのは知っていますが、
紹介料のキックバックに目がくらんでいるような、税理士は、
顧客が20年後どうなろうが、どうでも良いのです。

『それで良いのですか?』
私は、ひたすらに問うています。

土地活用業界関係者にも、それを許してしまう地主さんにも、連帯保証を追う子息にも。

業者は、良心を元に、行動、提案、実行をすべきです。

何の為に、誰の為に、建てるのか?
しっかりと考えつくすべきです。そして、良心に耐えうる商売をすべきです。

そして、地主さんや、その御子息は、見抜くのです。
微細な情報から全てを。

その提出された事業収支計画が、十分に返済に耐えうるか、
考えつくすべきです。
更にもっと全然良い収支を叩き出す計画が無いのか?
探すべきです。

偶然にも、この記事を、ご覧になられている方に、
最も、簡単な解決方法をお伝えします。

究極の土地活用を目指す、株式会社土地活用に、問い合わせしてみる事です。

株式会社土地活用に首都圏で、500㎡以上のマンションを建設させて、
コスト的にも、提案内容的にも敵う会社など有りません。

そして、コンストラクション・マネジメントを武器に
直結的に、健全な経営に導くことが可能です。

その為、弊社は、他社のように追客営業等は一切やりません。
私が嫌いですから。

要望がある限り場合は、フットワーク軽く提案はしますが、
そもそも新築する事に興味が無さそうな方や、
暫く先に建設しようと考えられて検討を続けている方は、
催促されない限り、たまにメールや電話を掛けて様子を伺うことはあるかも知れませんが、
営業マンが大した用も無いのに押しかけて、
ぐいぐい営業して契約を迫るようなスタイルの営業は致しませんので御安心下さい。

少しでも興味がありましたら、お気軽に問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
(株)土地活用へのお問い合わせはこちら