土地活用比較サイトで一括比較しても土地活用は成功しない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事に辿りついた皆様も、土地活用の比較サイト、一括資料請求サイトを
ご覧になったことはあるでしょう。

土地活用の検索ワードで検索して、上位に来てたり、一括資料請求サイトに誘導して、
そこから、個人情報を登録させて、ハウスメーカー等から資料を送らせるという、あのサイトです。

結論から、言いますと、ああいう比較サイトから資料請求したところで、
まず、土地活用は成功しないでしょう。

理由は簡単です。
話にならない高い会社ばかり登録しているからです。

以前、当社もお試しで、半年ほどの契約で、ある比較サイトに登録し
広告掲載していた事がありましたので仕組みを簡単に説明します。

登録し、待っていると、1問い合わせ3万円程で、
月に大体10件ぐらい住所・氏名・電話番号・土地の面積等が解ります(笑)

当社は、延床面積500㎡以上のRC造専門なので、木造のアパートはやらないのですが、
9割は、アパート規模の問い合わせで、それも課金させていきます。
(サイト運営者もグーグルやヤフーに高単価の広告を出しているからと経営上しょうがないのかも知れませんが。)

たまに、RC造の方が良いかなと思えるチェックがあって、
電話すると大体、資料請求した方は、当社をチェックしたことを忘れています(笑)

「オタク誰?何処?ああーーもう電話が一杯来すぎて困ってるのよね~電話してこないで。」
ガチャ…1件3万円払って、こんなのばっかりでした(笑)

そもそも、当社のCM方式を、全く、勉強もしていない、当社に興味も無い方に、
いつ切られるか解らないような短時間の電話で説明する話術はありません。

ああいうサイトで、施工者側が、アポを取り付け、受注まで漕ぎ付けるには、
営業マンに強力なノルマを課して、ガンガン・ゴリゴリ行かせる会社じゃないと無理と思います。

そう、賃貸マンションを高収益で建てたいオーナー様が、
一番付き合っても無駄な相手です。

収益体制を理解すれば、明解と思いますが、
大量の営業マンを雇って、ガンガン・ゴリゴリ営業させる会社は、
当然、営業マンの動きに対して失注の確率は上がっていきます。

受注が、どんどん決まる営業マンは2割で、残りの8割の営業マンは会社のお荷物かも知れません。
独自の広告も膨大に打ちます。

結果として、失注した案件に掛かった、営業経費(主に受注できない営業マンの給料)、広告費、
キツイ営業ノルマに耐えた報酬としての営業マンへの歩合は、
全て、受注したオーナー様の建設費に、乗っかります。

幾ら彼らが、下請けの原価を圧縮したところで、経費が高くなって当たり前と考えるべきでしょう。

勿論、会社を経営していれば、利益を追求することは当然です。

しかし、発注する側として、その収益構造、ビジネスモデルが、
どのように成り立っているかを考える癖を付けるべきでしょう。

一括請求サイトを作っているウェブ会社も雨後の筍のように増えてきていますが、
最終的に、課金させる一括請求サイトに誘導させるサイトを最近は作っていますね。

土地活用で検索したら上位に何個あるのやらとは思いますが、
ウェブ会社が作っているので、SEO(検索順位を上げる)対策で、
文章量は、やたら多いですけど、
比較誘導サイトを全部読んだところで、土地活用を検討している地主様が、
何か得になる特別な情報は、全く無いと思います。

素人のウェブ担当者が調べて、
文字数を増やすために書いていると思われるところが節々にありますし、
専門家や広告掲載企業にインタビューぐらいはしてるのでしょうけど、
彼らが、あくまで検索順位を上げる→一括資料請求サイトに誘導することが目的なので、
閲覧者の知識・収益として為になるか等、どうでも良いのです。

現在のグーグルのアルゴリズムでは、こういうサイトが評価されて上位に上がっていくことは、
残念では、ありますが、現状を受け入れ、地主様の土地活用において、為になる記事、
土地活用業界・建設業界のどこにも書かれない、裏話を書いていければと思います。

長年書いてきたFC2の建設費ブログも併せて、熟読していただければ嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
(株)土地活用へのお問い合わせはこちら