Webメディア「覚悟の瞬間」に㈱土地活用が出演


2016年10月のことですが、経済界、スポーツ界、文学界など様々な分野で活躍されている経営者を紹介する情報発信Webメディア『覚悟の瞬間(トキ)』という番組に紹介されました。(7分27秒の動画)今まで動画でご紹介はしていましたが、テキストでも見たいとの声を頂きましたので、まとめました。ぜひ御覧ください。

 

【覚悟の瞬間】やりたいことを極めた大人がカッコいい

「覚悟の瞬間」㈱土地活用

コンストラクションマネジメントという方法を使って、地主様などのマンションの建設費をコストダウンしている会社です。10%〜18%のコストダウンをしております。普通の建設費にいくら詳しくても、同じことは絶対にできないです。

 

【Q1:なぜ、今の仕事に?】

なぜ、今の仕事に?土地活用

好きに作って奇抜なアイデアが評価されるみたいな雰囲気が学校の授業にはあるのですが、学生になった直後に実家で家を建て直しまして。その時に、かなり建てる事に関して、当然、予算がある中でやらなくてはいけませんので、やりくりが大変そうだったというのがありました。

学校で教えていることと、現実は乖離があるなと感じました。通ってた研究所の研究者の方が、事業オーナーさまと建設業者の間に入って、コストをマネジメントするという「コンストラクション・マネジメントというのがあるんだぞ」というのを教えてくれて、その「コンストラクション・マネジメント」を極めていきたいと思いました。

 

【Q2:現在の仕事への想い】

現在の仕事への想い(株)土地活用

建築主さんの立場に立って、建築のプロの目線から建物を建てるオーナー様のためになることをしたいと思っています。建設業でオーナー様に出している見積もりは、基本的にオーナー様は査定できないんです。

例えば、この壁のボードの価格とかクロスの価格とか。当社が行っているのは、ゼネコンの下請けに払う金額の内訳コスト透明化します。透明化すると、ゼネコンさんが例えば「型が2200万円」と見積もり出してきた場合、もし当社のお付き合いのある型受け業者さんが「2000万円でできる」となると、200万円浮きますから、新たな下請けとして、その金額でやっていただく。

オーナー様にも当然喜んで頂きたいですし、取引先の工事会社さんにも喜んで頂きたいですし、請け負ったゼネコンさんにも当然メリットがあって喜んで頂きたいです。

 

【Q3:そう思うようになったキッカケ】

そう思うようになったキッカケ(株)土地活用

結局、『収益性が命』なんです。

利回りが低いというのは、将来的にオーナーさんが銀行から融資を受けてマンションを建てられますので、融資の返済が厳しくなっていきます。当然、空室というのもありますし、家賃も下落していく。

そのことを理解できずに、多くの業者さんに営業に来られて、営業マンに押し切られて、印鑑を押してしまう。なんとなく契約をしてしまう人が多い。そのせいでご先祖様から頂いたものを、土地ごと売らなくてはいけないというのは、何か違うんじゃないかと思います。そうならないように最初から、よく考えて頂いて検討して頂きたいです。

 

【Q4:あなたのとって覚悟とは?】

あなたのとって覚悟とは?(株)土地活用

覚悟したのは、リーマンショックの時にサラリーマンで、マンションデベロッパーにいて、仕事がなかったので開発部署の人間はみんな、チラシを朝から晩までカバンに担いでポストに投函していました。

20代の頃、「コンストラクション・マネジメントで建設業を変えてやる!」と、ずっと思っていたのに、朝から晩までチラシ配っている現実を振り返った時に、「なんでこんなことやってんだろうか?」と思い、会社を辞めてまた建設業に戻って、「自分の力でコンストラクション・マネジメントを広めてやろう!」と思ったというのが、覚悟の瞬間です。

それができないと自分の20代が、すべて否定されてしまうので、自分の20代が間違いじゃなかったことを証明してやろうと。

「覚悟とは、これしかない」

 

【Q5:今後に向けて】

今後に向けて(株)土地活用

まずは「コンストラクション・マネジメント(CM)」を、もっと多くの人に知っていただいて業務を拡大していきたい。というのがあります。

そうする事によって、オーナー様は当然、良いマンションを安く建てられる方も増えるでしょうし、当社に付いてきて来てくださっている専門工事の下請けさんに、たくさん仕事を供給できるようになれれば。というのはあります。

今までは、ゼネコンさんって同じ下請けさんをずっと使い続けてきました。建設費の取り分の不透明さがありました。「それでも建てるならやってあげるよ」というスタンスだったんです。それが、建設業の流動性が高まる事によって、ちゃんとオーナー様のことも考えないと生き残れない厳しい時代になっていくと思います。

 

【Q6:カッコいい大人とは?】

カッコいい大人とは?(株)土地活用

『自分のやるといったことを確実にやる』

これは多少時間がかかってもいいでしょうけど、やり続けて現実化していくことが出来る人は、カッコいいと思います。やるしかないので。「引き際はない」と思ってますので。

(株)土地活用へのお問い合わせはこちら