マンション建設費が1億円もコストダウン!㈱土地活用CM方式の動画説明。

建設費コストダウンの株式会社土地活用の「CM方式(コンストラクション・マネジメント)」の説明動画です。新築でのマンション経営を考える地主さま必見です。

マンション建設費のコストダウンをお考えでしたら、この動画をご覧ください。

↑(株)土地活用のCM方式説明です(3分30秒)↑

マンション建設費が1億円もコストダウン

マンション建設費コストダウン

かっこいいマンションを安く建てたいオーナー様に朗報です。株式会社土地活用の「CM方式(コンストラクション・マネジメント)」なら、マンションの建設費をおよそ10%から18%もコストダウンが可能です。

建設費のゼネコン(総合建設業者)入札1位の金額から同一図面で、なんと1億円コストダウンをした実績もございます。

マンション建設費で悩んでいる方は今すぐ株式会社土地活用までご相談ください。無料相談実施中です。探していた答えが、ここにあります。

CM方式(コンストラクション・マネジメント)ってなに?

マンション建設費コストダウン実績

CM方式とは、通称「Construction Management(コンストラクション・マネジメント)」の略です。地主さまが高収益を上げる賃貸マンションを建てるには、仕様をできるだけ落とさずに安く建てる必要があります。

実は建設費のおよそ80%から85%は、元請けのゼネコンやハウスメーカーから下請け専門工事会社(金物・枠型・鉄筋・左官・防水・電気・設備・建具・杭・内装)への外注費だということをご存知でしたか?

一般的な見積もり方式では建設主は建設費の大半を占めるこの外注費について関与や厳格な査定をすることはできません。

しかし、株式会社土地活用のCM方式(コンストラクション・マネジメント)では、この外注費について注目し、建設主の立場からゼネコン(総合建設業者)より安く優良な下請け専門工事会社を調達することが可能です。

そして、その優良な専門工事会社を公共事業や分譲マンションをつくっているようなゼネコン(総合建設業者)に紹介し、新たな下請けとして組み込んで工事をします。

ゼネコンの下請け取引先は固定されている、、、

ゼネコンの下請け取引先は固定(土地活用)

一般的にゼネコン(総合建設業者)は、「下請け協力会」というものを持ち、良くも悪くも取引先が固定化されてしまいます。

株式会社 土地活用のCM方式(コンストラクション・マネジメント)では、建設業の一般的な流通形態の仕組みを変え、建設主の立場から原価を抑えてしまうことにより、外注費が明瞭化し結果として建設費のおよそ10%から18%が圧縮される、極めて合理的な手法です。

また、株式会社土地活用が取引している下請け専門工事会社は、年間20億円もCM方式(コンストラクション・マネジメント)でのマンション建設をこなしてきた信頼のおける企業ばかりなので安心です。

スーパーゼネコンの下請けとして、大規模工事を小夏ような企業も多く、専門工事会社や元請ゼネコン(総合建設業者)にとっても、取引先の新規開拓の手段としてCM方式(コンストラクション・マネジメント)を有効に活用している会社も多数存在しています。

CM方式(コンストラクション・マネジメント)を活用すると?

建設費を圧縮する土地活用

CM方式(コンストラクション・マネジメント)の仕組みを利用することで同じものを安く見積もることができ、浮いた費用でマンションをよりハイグレードな仕様に投下することも可能となります。

コストコントロールを正しく行い、地域の賃料相場より若干高く課すことが出来れば、競争力もアップします。

お支払いは、安心の「成功報酬」です

お支払い方法は、コストダウン額の中からいただく「安心の成功報酬型」です。株式会社土地活用は、究極の賃貸マンションを建てたいお客さまを全力でサポートします。

土地活用は成功報酬

ご相談は無料です。『お問い合わせはこちら』まで。「探していた答えが、ここにある」株式会社 土地活用

コメントを残す

*

(株)土地活用へのお問い合わせはこちら